いつだってこの胸の衝動から

語彙力が乏しいおたくの独り言

この想いは星になって遥かな貴方を照らすでしょう

Hey! Say! JUMP

デビュー10周年おめでとう。ございました。


全国ツアー、3大ドームツアーに行きました。友人に誘ってもらって。


(※これから書くことは、個人的な意見を含みます。あくまで私はこう考えている、思っているということを書いてます。ということを頭においてください。)




私はデビューしてから数年後彼らを好きになったので、10年間ずっと彼らを見てきたわけではありません。



デビュー前は、別々のユニットで活動していたこと、デビュー後裕翔くんがセンターを務めていたが、山田くんに変わったこと、ライブでデビュー曲を何回も歌ったこと、会場が埋まらなかったこと。

知ってはいるけど、その場にいたわけではない。

後から、何年か経ってから、こんなこともあったね、という思い出話としてその話を知った。


JUMPの10年間すべてを知っているわけではないけれど、

今回のツアーで、山田くんが本当に楽しそうで、メンバーみんなが好きなんだな、JUMPが好きなんだな、と改めて感じて、私はそれが嬉しかった。

誰目線だよって感じだけど(笑)



山田くんの今までの苦労とプレッシャーは、私には計り知れないけど、きっとものすごい重圧だったと思う。

「エース」そういわれるようになったのも彼が見えないところでたくさん努力したからだと思う。


「うちのセンター」じゃなくて「うちのエース」が嬉しい

ただ推されているからセンターにいる。

それが山田くん=センターというイメージとして定着する。

数年前はそうだったかもしれない。


けれど、9人が横並びになって、ソロパートの差も、ダンスのフォーメーションの差もなくなって、みんなが前に、センターに、となった今でも山田くんはエースだ。



山田くんに憧れている後輩がたくさんいて、 

そういう対象になっている彼が本当にかっこよくて誇らしい



元山田担だったから、山田くんを中心とした話をしてきたけれど、

努力をしたのは山田くんだけじゃなくて、

全員がたくさん悩んでたくさん苦労したと思う。


メンバーの仲の良さが見えるたびに

エピソードを聞くたびに微笑ましくなる


(20代半ばの男性達がクリスマスにプレゼント交換をしているところとか…笑)


Hey! Say! JUMPという

素敵なグループと出会えて良かった


これからどんどん大きくなって

担降りした私を後悔させて欲しい