ボクはキミの陽だまりになる

恋とは与えられるもの、決して抗えない

Happy New ワン Year 君の声が道標になる

年明け3日と4日に行われた

関西Jrの城ホールでのコンサート

それを通して感じたことをいつものように自己満足で吐き出したいと思います。


(あくまで私の考えなので、そんな考え方もあるのねぐらいで流してください)

(各所失礼な表現があったらごめんなさい)


4年ぶりの関ジュ単独で城ホール

ジャニーズWESTのメンバーがデビューしてから、今の関西Jrが掴みの取った単独ライブ


7WESTの分裂危機で見てられないほどつらかった4年前…

まぁそこの懐古は置いといて(笑)


4年前端っこで歌っていた西畑大吾くんが、センターに立っていた。それでだけでくるものがあった。

私は西畑担ではないし、最近の関西Jrしか知らないけれど、今の関西Jrの成長と変化を見ることができて良かった。


ここからは自担である末澤誠也くんに関わる話をします。


まずグッズ

初めての個人団扇。本当に嬉しかった。

買えなかったけど(笑)

正直ないと思ってた。缶バッジがあればいいな、さすがにそれぐらいはあるかな。これぐらいの気持ちだった。

期待するだけつらいから。

これまでの序列を考えると難しいだろうな。

丈くんと大橋くんはあるだろうな。リチャと今江くんと朝田くんはどうかな。

そう考えてた。

まさか8人全員出るなんて思ってなかった。

やっと報われた。おめでとう。


すぐ売り切れたあたりやっぱり需要分かってないな!!事務所しっかり!!とは思ったけど、両日並んでも手に入らなかったの心底悔しいけど!!

でも団扇「末澤誠也」が嬉しかった。


そしてコンサート本番

最初の映像見て絶句

そこで思い出した。

そうだった。こういう事務所だった。

期待したってすぐ落とされること、無駄なこと、グッズが嬉しくて忘れてた。


全員出てきてビックリした。

まさかあんな上にいると思ってなかった。

いやー末澤くん全然出てこない(笑)

funkyが5と3で分けられるなんて想像もしてなかった。


 私が末澤担だからかな。5人を見ててすごく苦しくなった。どうしてここに末澤くんはいないの。どうして入れてもらえないの。ってそればかり考えちゃって。

かっこいい!!ってなるところなのに、

5人だけで曲ができることを喜ぶべきなのに、どうしてもfunky8が、末澤くんが消えなくて、苦しくて泣きそうになった。


末澤くんが丈くんと隣の位置でアイコンタクトとってたところも

朝田くんと肩組んでたところも見てたから

本人達はfunky8関係なく、ただ楽しかったからとか、たまたま近くにいたからとか、それだけの理由だったかもしれないけど、

末澤くんがニコニコしてて楽しそうで、

大喜利のコーナーも5人の誰かが発言するとニコニコしてて、この人はfunky8が好きなんだって感じたから、余計に辛くて悔しかった。


funky全員団扇が出たから期待してしまった

1曲ぐらい8人でやってくれるんじゃないかって。

久しぶりに8人全員揃うんだからやるよねって。

そんな簡単に上手くいかないのがこの事務所でした。


バラバラになった夏と冬

松竹とバックでそれぞれの場所で頑張って

その成果が見たかった

funkyが出てきたときにガラッと変わった空気。

空気を変えられる皆がかっこよくて誇らしかった。

でも、8人でそれをやってほしかった。

funky8はこんなにかっこいいんだよって

せっかく広い会場でできるんだから

それを見せつけてほしかった。


団扇が出なかった正門くんと小島くんのほうが出番多かったじゃん。

だったら期待させないでほしかった。

そう思ってしまった。

(各所にごめんなさい)


末澤くんのグッズが買えなかった分、

本物を見て楽しもうと切り替えた。

夏と冬にアイドル末澤誠也に会えなかったから、楽しみにしてたのに、見事に裏切られた気分。

兄組と弟組で分かれた冬

こんなことやりましたよっていう報告会にちらっとエイト組(出てない組)がくっついた

そんな印象だった。偏見も入ってるけど(笑)

セトリと構成もそう

もっと関西Jrを信じてお金かけてくれてもいいんじゃないかと思う

贔屓目も込みだけど、こんなにすごいのに。


4年ぶりの関西Jr単独コンサート

楽しかったよ!!楽しかった!!

でもそれ以上に悔しかった。


あんな引き裂くような分け方辛かった。

盛り上がりきれなくて、終わった後全力で楽しかったといえなかったコンサートは初めてだったかもしれない。



この想いは星になって遥かな貴方を照らすでしょう

Hey! Say! JUMP

デビュー10周年おめでとう。ございました。


全国ツアー、3大ドームツアーに行きました。友人に誘ってもらって。


(※これから書くことは、個人的な意見を含みます。あくまで私はこう考えている、思っているということを書いてます。ということを頭においてください。)




私はデビューしてから数年後彼らを好きになったので、10年間ずっと彼らを見てきたわけではありません。



デビュー前は、別々のユニットで活動していたこと、デビュー後裕翔くんがセンターを務めていたが、山田くんに変わったこと、ライブでデビュー曲を何回も歌ったこと、会場が埋まらなかったこと。

知ってはいるけど、その場にいたわけではない。

後から、何年か経ってから、こんなこともあったね、という思い出話としてその話を知った。


JUMPの10年間すべてを知っているわけではないけれど、

今回のツアーで、山田くんが本当に楽しそうで、メンバーみんなが好きなんだな、JUMPが好きなんだな、と改めて感じて、私はそれが嬉しかった。

誰目線だよって感じだけど(笑)



山田くんの今までの苦労とプレッシャーは、私には計り知れないけど、きっとものすごい重圧だったと思う。

「エース」そういわれるようになったのも彼が見えないところでたくさん努力したからだと思う。


「うちのセンター」じゃなくて「うちのエース」が嬉しい

ただ推されているからセンターにいる。

それが山田くん=センターというイメージとして定着する。

数年前はそうだったかもしれない。


けれど、9人が横並びになって、ソロパートの差も、ダンスのフォーメーションの差もなくなって、みんなが前に、センターに、となった今でも山田くんはエースだ。



山田くんに憧れている後輩がたくさんいて、 

そういう対象になっている彼が本当にかっこよくて誇らしい



元山田担だったから、山田くんを中心とした話をしてきたけれど、

努力をしたのは山田くんだけじゃなくて、

全員がたくさん悩んでたくさん苦労したと思う。


メンバーの仲の良さが見えるたびに

エピソードを聞くたびに微笑ましくなる


(20代半ばの男性達がクリスマスにプレゼント交換をしているところとか…笑)


Hey! Say! JUMPという

素敵なグループと出会えて良かった


これからどんどん大きくなって

担降りした私を後悔させて欲しい

ジャニヲタが乃木坂握手会に行った話

どうも

こんにちは


タイトルから全てお分かりのとおり

私、握手会デビューしました!


行ってきてしまいました!!

行き始めたらもう終わりだな、とずっと分かってはいました

分かっていたからこそ、行かなかったのに…


乃木坂好きの友人に誘われ、軽率に行くと返事をし、すぐにネットでCDを購入


タイトルからお分かりのとおり、

ジャニヲタの私は自担(好きなアイドル)にお金をかけていたので、

そっちでいっぱいいっぱいで、

乃木坂は茶の間ファン状態でした


(ライブは行ってます)


そんな私がようやく握手会に赴きました


さて!ここからが本題です!!

勝手に語り出してすみません!!


私が行ったのは【全国握手会】


個別握手会も申し込んでみようかと、サイトの会員登録は済ませていたのですが、

気づいたときにはもう推しメンは全完売してました。。。


そんなことは置いといて

会場に入る前に長蛇の列に並び、

約2時間後ようやく中に入りました


今回私が行ったのは、まいやん(白石麻衣ちゃん)です


推しはあしゅ(齋藤飛鳥ちゃん)なのですが、まいやんは私が乃木坂を知り、好きになったきっかけの人です

今は神推し、つまり殿堂入りした人


最近では3期生の久保史緒里ちゃんが気になっているというのは内緒です

 


初握手会だから乃木坂で最初に好きになった人のところに!並びました!!


そのまいやんレーンが長い!!!!!

長蛇の列!!!!

また並ぶんかい!!!と思いつつ

もう既に私の足は限界だったのですが、

まいやんとの握手を楽しみに長蛇の列をふくらはぎと足の裏の痛みに耐えつつ並びました


列の中には女の子がたくさんいました

その女ヲタさんが、まーーー可愛い

さすがまいやん


長い長い待ち時間が終わり、

ようやく後少しのところまで来たとき、

まいやんの姿がちらっと見えました



本当にまいやん存在してました


いや、ライブ行ったことあるから知ってるんだけど、白すぎて眩しいことぐらい知ってるんだけど


緊張でひどい顔をしていただろう私に笑顔で対応をしてくれたまいやんは

まさに女神でした!


同じ人間かと疑うほど可愛かった!!!


思ってたより剥がしが弱くて、もう一言ぐらい何か言えば良かったかな、と後から思いましたが、

そのときはその場で言葉を考える余裕なんてありませんでした。


待ち時間の間

失敗しないように、事故らないように

必死で言う言葉を反芻してました


その結果見事にその言葉しか言えませんでしたが!!!

女神まいやんの神対応に感動しました!!


まぁ私の語彙力のない感想は置いといてですね、


今回ミニライブは行ってないのですが、

女性の方は、女性レーンというものがあるみたいです。

(握手券が必要ですが…)


会場にもCDは売っているので、

その場で購入して握手会に参加可能です

(全国握手会に関しては)


1500円ほどで、いつもテレビや雑誌で観ている人と握手をして話ができると考えたら安いですよね!!


メンバーは一気にたくさんの人と握手して、長時間拘束されてるので、大変だとは思いますが、握手会って素晴らしい



CDランキングなんて気にしてないし、

収録曲の微妙に違う何種類もあるCDもジャニーズと何ら変わらないと思っている私は


握手券つけてくれてありがとう!!!

という気持ちになりました。

しかもCDには写真もついてますからね!!


あ、ちなみに鈴木絢音ちゃんでした


何枚もCDを買う人の気持ちがとてもよく分かりました

1枚じゃ足りないですね


約7000円+遠征費で会いに行って

自担に見向きもされないなんてことがある

ライブと違って

確実に話せますからね〜

いや〜素晴らしい


これは次も行きそうな予感です…笑


女の子がたくさんいるのが

何より心強かったです

これまでのこと②

早速ですが

後半のはじまりはじまり〜


私の中で過去最高に長かった山田重岡掛け持ち期間に終わりが訪れたのは

2016年の夏のanotherでした(最近)


しげちゃんがジャニーズWESTとしてデビューしてからの関ジュは文一くん龍太くんなにきん丈橋リチャぐらいしか知らなくて、

関ジュだったら丈くんが好きかな〜ぐらいの気持ちでanotherに行きました。


そして

2回目のanotherで見たパリピ漫才(まとすえ)にやられた

正確には、末澤誠也にやられた( °-° )


何でそこなのかは未だに謎です。。。

踊っているところも勿論かっこ良かったけど、私が末澤誠也を好きになったタイミングはまとくんとやった漫才でした


1回目のanother後に関ジュの動画(主にまいジャニ)を色々観て余韻に浸りつつ、自ら沼に足を入れていきました


そのときfunky8を知り、

8人の括りが存在することを知りました


末澤くん好き!!となったとはいえ、

丈くんか末澤くんか1番が決められない状態に。

少クラのin大阪でもゆまコンDVDでも、丈くんも末澤くんもどっちもみていたくて、目が足りない( °-° )


そして私はその2人とも(関ジュの中で)1番状態でジャニフワを観劇し、

クリパまでの間に動画を色々見漁った私は、

末澤くんをよく見ていることに気づきました。


勿論丈くんが好きなことに変わりはないけど、1番は末澤くんだと、自然に目で追ってるのは末澤くんだと気づきました。


そして私は重岡担と末澤担の掛け持ちになりました。


さらに最近では、重岡<末澤 になってきている、というのが、私のこれまでの話でした。



これまでのこと①

前に書いた担当遍歴から

何故変わったのか等々の話を

(勝手に)します。


私がジャニヲタになったきっかけは山P。

ドラゴン桜を観てからだったかな。(曖昧)


ただ茶の間ファンだったので、FCには入ってなかったし、ライブにも行ったことはなかった。


NEWSが好きな訳でもなく、

山PがいるNEWSが好きな訳でもなく、

山下智久個人が好きだった。


そこから気持ちが嵐に変わったきっかけはよく覚えていなくて、

理由は覚えていないけど、ニノが好きになって、それから翔くんに変わって。


CD、アルバム等は必ず買い、

FC入ってライブも行って、

嵐ファン 櫻井担になった。


初めて行ったライブは5×10

何とかしてお母さんを嵐ファンにさせて

一緒に行った。笑


天井席だったから、モニターなしじゃないと

全然見えなくて

ライブDVDと同じような見え方で、

本当にライブ来てるのか、

嵐は本当に目の前にいるのか、

実感がわかないまま終わったのを覚えてる。


そして、

嵐が出てるから、と買い始めた雑誌で

Hey! Say! JUMPを見て、

山田くんを好きになった。


あ、この人かっこいい

(完全に顔ファン)


山田くんが出てたドラマを調べて、

DVDをたくさん借りた。


その後すぐ同じ雑誌で見かけた

重岡くんが気になり始め(当時7WEST)

Hey! Say! JUMPと7WESTとの掛け持ちが始まった。


高校生になって、JUMPのFCに入り、地元公演のみライブに行く。(勿論当たれば)


関西Jrのほうは、好きになった中学生当時は、遠征不可(諸事情)だったため、高校生になって松竹座へ行くようになった。


山田くんも重岡くんもどっちもかっこ良くて大好きだった。


どっちのほうが好きとか、どっちがメインとか無くて、

「どっちも」好き。2人とも、2グループとも好き。


この状態がしばらく続いた。

6、7年ぐらい。


これが前半の話

後半へ続く、、、